log-min

800ごはん/大寒編

本日は二十四節気でいう大寒です。
800ごはんも大寒のレシピにアップいたしました。
ぜひご覧下さい。

800ごはん

今更ながらですが二十四節気(にじゅうしせっき)とは
ウィキペディアによると
「1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの」であるということで、、
おなじみの春分、夏至、秋分、冬至もそう。
季節の始まりを表す 立春、立夏、立秋、立冬もそう。
気温で区切った 小暑、大暑、処暑、小寒、大寒(今日です)。
気象でとらえた雨水、白露、、啓蟄など自然の物事からとらえたもの、
穀雨、芒種など、農作業に適した頃合いからとらえたものなど普段では耳にしない言葉もあります。

異常気象といわれる最近ですが、そういった暦を知っていると
心構えが豊かになるというか、楽しみが1つ増える感じです。
そろそろ、800ごはんもたくさんのレシピが並び始めましたので
各コラムと合わせて振り返ってみていただけたらとても嬉しいです。

あと、私が気になるのは七十二候(しちじゅうにこう)です。







七十二候とは古代の中国で考案された季節を表す方式のひとつです。

二十四節気をさらに3つの期間にわけたもので、自然でのものの起こりを表しています。
中国のものを日本の季節に合うように改良された言葉もあるので、調べるとどちらの言葉もでてきます。

春分の、雷が遠くでなり始める頃を表す
雷乃発声=かみなり(日本では らい) すなわち こえを はっす

秋分では、雷が鳴り響かなくなる様子を表す
雷乃声収=らい すなわち こえを おさむ
で表現され、なんて言葉って美しいんだろうと心静かに感嘆してしまいます。

しちじゅうにこうかるた とか作れたらいいなあ、と想いを馳せます。
[PR]
by log-min | 2011-01-20 20:38 | おしごと